バンクイックの審査を解説!

バンクイックは低金利の銀行カードローンでありながら平日15時以降、土日の即日審査と融資に対応限度額100万円までなら収入証明書が不要!消費者金融と変わらない審査スピードを誇るバランスの取れたカードローンです。また口座がなくてもすぐに利用できる点も見逃せません。

さて、そんな便利な三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」ですが利用するには審査は避けては通れません。当サイトではバンクイックの審査について分かりやすく説明していきます。

バンクイックの保証会社の写真

まず三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査、保証を行うのは「アコム」となります。三菱東京UFJ銀行はアコムと提携していてカードローンの審査をアコムに委託してます。アコムということもあってか銀行カードローンの中でも審査通過率は上位に入ってきます。

実際アコムは消費者金融の中でもトップの審査通過率を誇ってて前年度は47.3%でした。次点でアイフル、プロミスが40%台前半~45%の間といったところです。

ただ上記に挙げた数値はあくまで消費者金融自社のローンの数値ですので銀行カードローンとなると審査基準も違ってくるので数値が変わってきます。当然銀行カードローンの方が審査は厳しくなりますので審査通過率は下がります。ですのであくまで参考程度にして頂けたらと思います。

バンクイックの審査で何をチェックされる?

審査では与信審査が行われます。どういうことか簡単に言ってしまうと「お金を貸す信用に値する人なのか?どれくらいの金額を貸して大丈夫なのか?」をチェックします。その判断材料として年齢、職業、年収などの属性から返済能力を算出します。

お金を貸す側としては返済能力の高い方に貸したほうがリスクが低くなるわけですから当然のことですね。よって仕事が安定していて年収が高い人ほど審査は通りやすくなりますし、無職で収入がない方の場合は当然審査通過が厳しくなります。

属性について

与信審査ではあなたの属性をスコアリング(点数付)してお金を貸して大丈夫なのかを判断します。チェックされる基本的な属性は下記の通りです。

  • 年齢
  • 働き盛りの20代後半から50代前半までが有利となります。

  • 職業、勤務先
  • 好不況の影響を受けにくく安定してるとされる公務員が一番有利。以下大手の正社員、中小規模の正社員、自営業・個人事業者、専業主婦、無職。

  • 年収
  • 年収が高いほど評価が高くなります。

  • 雇用形態
  • 正社員が最も評価が高く以下、契約社員・派遣社員、アルバイト・パートの順。

  • 勤続年数
  • 勤続年数が長いほど評価が高くなります。

  • 健康保険の種類
  • 健康保険に関しては職業、勤務先の確認材料として使われる。

  • 家族構成
  • 親と同居、既婚で夫婦共働きだと有利。子供がいる、また一人暮らしだと不利と判断される。この項目は主に生活費の負担率でチェックされてると思われます。

  • 居住形態
  • 持ち家は財産となるので当然賃貸よりも有利。

  • 居住年数
  • 借金から逃れるための転居をしていないかどうかを調べている。さほど審査に影響しないが1つの場所に長く住んでいた方が有利。

  • 家賃、住宅ローンの負担額
  • 月々の収入との負担率をチェック。当然負担の割合が大きいと審査に不利。

  • 固定電話かどうか
  • 最近は携帯電話の普及でそれほど重要じゃないので固定電話か携帯電話どちらかがあればOK。

簡単にまとめると以上のようになります。

今現在と過去のローン契約・返済状況もチェックされます

ローン状況の写真

審査では属性以外に今現在の他社での借り入れ、過去のローンの返済状況などを個人信用情報機関でチェックします。

個人信用情報機関とは先ほど挙げた属性や過去のローン契約情報を取り扱う共有の機関と思って頂ければ分かりやすいかと思います。業者があなたからカードローンやクレジットカードの申し込みを受けたら、申し込みされたという情報を個人信用情報機関に通知します。契約した場合も当然通知し個人信用情報機関内のあなたの情報が更新されます。

カードローンに申し込みをしたという履歴は6か月間残ります。また契約しているローンの内容、残債、返済状況は契約中はもちろんですが解約後も過去5年間しっかりと残ってます。先ほど挙げた属性も重要な審査項目となりますが、審査では必ずあなたの過去のローン状況をチェックします。

過去に支払いの延滞などがあると当然審査では不利になります。個人信用情報機関は銀行、消費者金融、クレジットカード会社、携帯電話会社などが登録・利用しお互いの情報共有に役立てています。「携帯電話会社が!?」とお思いになるかもしれませんが、携帯電話の機種変更時に割賦で購入することがクレジット契約と同じことになります。2年で24回の分割支払い、月々の料金に上乗せして機種代を支払うアレのことです。携帯電話会社も個人信用情報機関を通じて信用できる方なのか、ローン契約して大丈夫なのかをチェックしているということです。

例えばdocomoで料金を踏み倒しをした過去があるなら他キャリアのauやソフトバンクで割賦で機種を購入したいと思っても審査に通らないなんてことがあります。これは過去の支払い状況を個人信用情報機関でチェックされたことが原因です。

JICCのホームページの写真

コチラの個人信用情報機関のJICCの加盟会員一覧ページ を確認して頂ければ分かりますが、加盟会員検索の「え」をクリックして頂くと「(株)NTTドコモ」を確認出来るかと思います。「そ」をクリックして頂くと一覧に「(株)ソフトバンク」がありますね。個人信用情報機関JICCを通じてお互い情報を共有しているということです。

バンクイックの審査に話を戻しますが、「あ」をクリックして頂くと「アコム(株)」が確認出来ます。「み」をクリックして頂くと「(株)三菱東京UFJ銀行」が確認出来ます。

これで全て繋がってしまいましたね。当然ほかの銀行の取り扱うカードローンや消費者金融の取り扱うカードローンで支払いの延滞があれば個人信用情報機関を通じて三菱東京UFJ銀行側に伝わります。

消費者金融やクレジットなどの信販会社の大半はJICCに登録してますし、ほとんどの銀行は「全銀協」という個人信用情報機関に登録してます。また個人信用情報機関同士でもお互い情報共有してますので、どの金融機関でいくら借りたのかということはほぼ把握されているということを覚えておいてください。

もちろんいくら審査をアコムに委託しているとしても、最終判断は三菱東京UFJ銀行なので一概には言えませんが、過去5年間でローン支払いの延滞がある場合は厳しくなるということを知っておいてください(※なぜ過去5年間なのかは後ほど説明します)。

属性が良くて延滞した過去がない方には関係のない話ですが、思い当たることがある場合は審査が厳しくなるということを覚悟しておきましょう。

信用情報機関で共有されてる情報について

個人信用情報機関の写真

日本には個人信用情報機関はJICC、CIC、全銀協の3つの機関がありますが、先ほど説明したJICCで共有している情報は コチラのページ「会員会社から提供を受ける個人に関する信用情報」に表記してあります。

重要部分を下記に抜粋しました。

  • 本人を特定するための情報
  • 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等

  • 契約内容に関する情報
  • 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
    (※契約継続中及び完済日から5年を超えない期間)

  • 返済状況に関する情報
  • 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
    (※契約継続中及び完済日から5年を超えない期間 (ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間))

  • 取引事実に関する情報
  • 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

  • 申込みに関する情報
  • 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
    (※申込日から6ヵ月を超えない期間)

  • 電話帳に記載された情報
  • 電話帳に記載された氏名、電話番号等の情報

  • 本人申告コメント情報
  • ご本人から申告された本人確認書類の紛失・盗難等の情報

  • 日本貸金業協会情報
  • 日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報

個人信用情報機関JICCの写真

「契約内容に関する情報」「返済状況に関する情報」は特にチェックされます。自分の過去の情報が気になる場合はJICCのホームページより「情報の開示」の申し込みを行うことも可能です。

他社での借り入れがある方は他の銀行同様に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の場合でも当然厳しくなります。銀行側は「契約内容に関する情報」の今現在の借り入れ額、借入件数はかなり重要な項目としています。

複数社からの借り入れがある場合は3社を2社にまとめるなどし少しでも借り入れ件数を減らしてから申し込みをした方が良いでしょう。正直なところバンクイックの場合、消費者金融やクレジットカードなども含め3社以上借り入れがある場合はほぼ通らないと考えておいた方がいいかもしれません。もし複数社から借り入れがある方は「おまとめ」「借り換えOK」と謳った銀行カードローンに申し込みをした方が良いかと思います。

アコムで延滞の過去、債務・任意整理の過去がある場合は審査に通るの?

アコムで延滞の過去がある場合は多少審査に影響を及ぼします。その度合いは延滞の期間にも寄りますが今現在進行形の延滞でなければさほど審査に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

ただし任意整理、債務整理の過去がある場合は「社内ブラック」にされてる可能性があるのでほぼ通らないと考えた方が良いのでアコム以外の保証を受けられる銀行カードローンに申し込みしましょう。

平日15時以降・土日にも借りれるテレビ窓口なら最短40分

急ぎの場合、初めから直接テレビ窓口へ行き手続きすることも可能ですが、その場で審査を待つことになりますのでWEBから事前に申し込みを行い審査結果が分かり次第テレビ窓口で手続き・カード発行を行う方法をおススメします。

WEBからの申し込みの際は「カードの受け取り」を「テレビ窓口」を選択しましょう。

申込み完了後に仮審査結果が30分から1時間ほどで届きますが急ぎの場合は、メールに記載されてるコールセンターの電話番号へ連絡が必須となります。この電話をしないと本審査の結果が翌営業日となってしまいますので気をつけましょう。

バンクイックテレビ窓口の受付時間の写真

テレビ窓口を利用すれば最短40分で契約可能です。また平日15時以降、土日にも対応してます。

テレビ窓口の受付時間は平日は9時から20時まで、土・祝日は10時から18時まで、日曜日は10時から17時までとなっています。

バンクイックはカードがないと利用出来ません。テレビ窓口でカードの受け取りには運転免許証が必須となります。他の本人確認書類の場合は後日郵送となります。

テレビ窓口はこの様になってます

三菱東京UFJ銀行ATMコーナーに下記写真のような目印があるBOXがあります。

バンクイックテレビ窓口の写真

BOXはドアを閉めれますので他人の目を気にすることなく手続きすることが出来ます。扉を開けbox内に入ります。

バンクイックテレビ窓口の写真

大人1人余裕で座れる程度のスペースがあります。

バンクイックテレビ窓口の写真

テレビ窓口の内部はこのようになっています。

バンクイックテレビ窓口の写真

目的の手続きの画面をタッチしテレビ電話でスタッフと話しながら手続きを行いますので安心です。

契約書はその場でプリントアウトされます。バンクイックカードを受け取るのに必要な運転免許所はスキャナーで読み取りその場でカード発行、手続き完了となります。

在籍確認について

在籍確認の写真

審査では必ず在籍確認を行います。本当に勤務先に勤めてて返済の見込みがあるのか電話をして本人が在籍してるかを調べるのが一番確実だからです。

電話といっても担当者の個人名で連絡してきます。銀行名で名乗ることはあったとしても決して「バンクイック」と名乗ることはありません。もし不安でしたら在籍確認の前に個人名で連絡して欲しいと担当者に伝えておくと安心です。在籍確認の電話に関しては担当者に事前に連絡し打ち合わせしておくことをおススメします。

バンクイックで土日の在籍確認の場合、職場がお休みで在籍確認が取れないということがあります。その場合、後日確認を行うこと前提でその日のうちに融資してもらえるケースと、審査回答が後日になるケースがあります。

在籍している確かな証拠となる書類と申し込み者本人の信用情報次第で在籍確認なしでも審査に通ることがあるようですが、電話での在籍確認は避けられないものだと考えておいた方がいいでしょう。

アルバイトやパートなどされてなくて収入のない専業主婦の方の場合は、旦那様の職場への電話連絡はありません。ちなみに無収入の専業主婦の方の場合、借入限度額の上限が30万までとなります。

郵送物に関して

バンクイックは郵送物に関しては明細書など送られてくるということはありません。ただしバンクイックカードの受け取り方法を郵送にした場合は送られてきます。宛名は「三菱東京UFJ銀行」ですので決して「バンクイック」とは書いてありませんので安心です。

バンクイックの申し込み・詳細はコチラから

バンクイックの画像

バンクイック基本情報
金利 4.6%~14.6%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
収入証明書 100万円まで不要
月々の返済額 2,000円~
借入利率
10万円以上 100万円以下 12.6%~14.6%
100万円超 200万円以下 9.6%~12.6%
200万円超 300万円以下 7.1%~9.6%
300万円超 400万円以下 6.1%~7.1%
400万円超 500万円以下 4.6%~6.1%

バンクイックの公式サイトへの画像

PAGETOP
Copyright © バンクイック審査まるわかり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.